【開催報告】Cross Mentorship15期

2020年5月9日(土)、Cross Mentorship15期Day4が開催され、これをもって合計4日間のプログラムを修了いたしました。

今回も、選考を通過した学生総勢20名が参加。多様なバックグラウンドを持つ学生によって作られる、濃密な4日間となりました。

そして今回は、史上初の全面オンライン開催。運営、学生、社会人全ての方々が、自宅でPCやスマホでZoomに参加するという、初めての試みでした。

画像1

Cross Mentorishipは、自分らしい目標「どうなりたいか/何がしたいか」を考え、そこに向かって行動していくためのプログラムです。
メインプログラムとして、社会人に自分の思い/考えを伝え、フィードバックをもらう「1on1セッション」を行っています。

簡単にDay1からDay4までの流れを、15期の活動報告と共にご紹介します。

4/11 Day1 学生同士の1on1セッション・グループセッション

4/11に行われたDay1では、学生同士での1on1と、1グループ4人で行うグループワークをメインに行いました。
Day1でのゴールは、
1.過去の原体験をもとに、自分の価値観を言語化すること
2.自分の「未来」のビジョンについて仮説を立てること
です。事前課題である「ビジョン・アクションシート」や「ライフチャート」をもとに、自分の「過去」について深く内省し、1on1では出てきた価値観や仮説をお互いにぶつけあいました。

画像2

画像3

画像4

画像5

4/18,4/25 Day2-3 社会人との1on1セッション

4/18のDay2,4/25のDay3では、学生と社会人との1on1セッションを行いました。

Day1で出てきた価値観や仮説を社会人にぶつけ、フィードバックを受ける中で、自分の「現在」、つまり「今から自分がどんなアクションを起こすか」ということと、
自分の「未来」、「将来の自分がどうありたいのか、何になりたいのか」ということを言語化し、自分の言葉に落とし込むことが、Day2とDay3のゴールです。

またご参加いただく社会人サポーターが多方面で活躍する方々である点が、このプログラムの特徴でもあります。
(社会人サポーターは、CroMenと繋がりのある方で、運営からサポーターとしての依頼を承諾頂いた方のみ参加可能になっています。)

今回も大手企業からスタートアップ企業やベンチャー企業、一方で省庁など各方面の所属や業種の方で、キャリアも起業家、社内新規事業担当者、エンジニア、外交官、コンサル、公認会計士、社内人事、営業職、経営企画、など様々な方に起こしいただきました。

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

「三人とも違った回答を下さって面白かった。そこで自分の性格や行動理由なども理解できてより自分のことを理解できるようになったと思う。」
「ビジネス、社会人の視点だけでなく、芸術的な視点からのフィードバックがいただけた」
「これからも連絡を取れるような方と出会えた。」

などなど、参加者から様々な声を聞くことができました。現場で活躍する社会人と対話をすることで、今までになかったような新たな視点と、自分の強みに気づける、それが社会人との1on1の魅力だと考えています。

5/9 Day4 参加学生それぞれからのプレゼン「私は何者か」

Day4 では、Day1~Day3での活動を踏まえ、参加学生1人ひとりが、「私は何者か」をテーマに、プレゼンを行いました。
このプレゼンでは、「ライフチャートを踏まえた自分の過去」「今自分が頑張っていること」「将来のビジョンとこれから起こしていくアクション」について、他の学生に宣言します。そうすることで、お互いに応援したり、新たな化学反応起こせたりする関係を築くことが目的です。

・First Authorとして論文を書きます!
・街中で出会った外国人に漢字の名前をプレゼントするプロジェクトをCroMenメンバーと一緒にやります!
・オリンピック級の国際イベントの演出に携わります!

などなど、それぞれが新しい門出を迎えた1日になりました。

初のオンライン開催

今回のプログラムでは、ZoomやSpatial.chatを用いて行われました。ブレークアウトセッションという機能を使用することで、1on1やグループワークも支障なく行うことができました。また、出席率や満足度も、対面時以上に高い結果となりました。

オンライン懇親会もたくさん行いました!

Cross Mentorship 15期では、プログラム後のみならず、平日の夜には「理系/文系が集まって話す会」「海外好きが海外について語る会」などのテーマを決めて懇親会を行いました!

画像11

画像12

家から出られないにも関わらず、対面開催の時以上に参加者同士の交流が活発に行われました。プログラム後も週ごとにオンライン懇親会を開催されるなど、15期はさらに化学反応が加速し続けるコミュニティーになりそうです。

改めまして、ご協力いただきました社会人サポーターの皆さま、本当にありがとうございました。

今後も、Cross Mentorshipでは多彩な情熱を傾ける人たちから「世界を彩る化学反応を」起こすきっかけを作っていけるよう邁進してまいります。ご興味のある方は、こちらまでご連絡ください。

アーカイブ

制作実績一覧

PAGE TOP