【開催報告】Cross Mentorship14期

2019年1月5日(日)、をもって「Cross Mentorship14期」プログラムを修了致しました。

2019年11月末から1ヶ月強にかけて実施した4日間のプログラムでした。

今回も選考を通過した19名が参加。
所属大学も東京大学、早稲田、慶應、ICU、東工大、筑波大、立教大などから、学年も学部もバラバラの多種多様な参加学生に集まって頂きました。

CrossMentorishipは、自分らしい目標「どうなりたいか/何がしたいか」を考え、そこに向かって行動していくためのプログラムです。
メインプログラムとして、社会人に自分の思い/考えを伝え、フィードバックをもらう「1on1セッション」を行っています。

簡単にDAY1からDAY4までの流れをご紹介します。

DAY1 学生同士の1on1セッション・グループセッション

DAY1ではプログラムの目的を意識した上で、自分の「やりたいこと/ありたい姿」の仮説を立てることをゴールとしています。

CroMenでは学生同士でもメンター、メンティーに分かれて対話を行う1on1セッションやグループセッションを実施しています。

他者のメンタリング、フォードバックをすることで学ぶことも多くあり、切磋琢磨する場になっています。

事前課題のワークシートを基に、学生同士での1on1やグループセッションでお互いから、
新しい価値観は発送に触れ、他者を通して自分と向き合う時間にしています。

DAY2-3 社会人との1on1セッション

DAY2,3はプログラムのメインでもある社会人との1on1セッションです。

この2日で、「自分のやりたいことを明確にし、行動に起こせる状態になること」をゴールにしています。

また起こし頂いてる社会人の方が多方面で活躍する方々である点が、このプログラムの特徴でもあります。
(社会人サポーターは、CroMenと繋がりのある方で、運営からサポーターとしての依頼を承諾頂いた方のみ参加可能になっています。)

今回も大手企業からスタートアップ企業やベンチャー企業、一方で省庁など各方面の所属や業種の方で、
キャリアも起業家、社内新規事業担当者、エンジニア、外交官、コンサル、公認会計士、社内人事、営業職、経営企画、など様々な方に起こし頂きました。

DAY4 参加学生それぞれからのプレゼン「私は何者か」

Day4では、1人ひとりからの学生から「私は何者か」というテーマで、プログラムを通して得たことをもとに今後のアクションプランについてプレゼンを行いました。

薬学生として予防医療の観点から「自分をメンテする選択肢を提案」する為に新しいプロジェクト始めます!

大好きな自然を感じて、恩返しできる世界をつくる為に、「コットンプロジェクト」をやっていきます!

自分のビジョン実現のため、オリジナルの商品販売を続け、5月までに売上50万円を目指します。

14期のプログラムは2020年1月5日のDay4をもちまして、修了いたしました。
改めまして、ご協力いただきました社会人サポーターの皆さま、会場をお貸しいただきました、株式会社ファンコミュニケーションズ様、株式会社Fringe81様、誠にありがとうございました。

今後も、Cross Mentorshipでは多彩な情熱を傾ける人たちから「世界を彩る化学反応を」起こすきっかけを作っていけるよう邁進してまいります。ご興味のある方は、こちらまでご連絡ください。

info@cromen.net

Cross Mentoship紹介

アーカイブ

制作実績一覧

PAGE TOP